1.フィリピン人との国際結婚手続き

フィリピン人との国際結婚手続きについては、①フィリピンで先に結婚手続きをして、日本に報告を出す方法と、②最初に日本で婚姻手続きを完了してから相手の国の大使館、領事館に結婚手続きをする方法の2通りの方法があります。

そこで、このページでは、②最初に日本で婚姻手続きを完了してから相手の国の大使館、領事館に結婚手続きをする方法を説明します。

1. まず、フィリピン人婚約者が在日本フィリピン大使館で無異議証明書(CNO)を取得します。
無異議証明書を取得するには、在日本フィリピン大使館または総領事館で下記の書類が必要です。

 

(フィリピン人婚約者の必要書類)
  • パスポート原本
  • 出生証明書(NSO発行のもので、DFA(フィリピン外務省)の認証があるもの
  • 婚姻記録不存在証明書(結婚目的としてNSOが発行したもので、DFA(フィリピン外務省)の認証があるもの)
  • 顔写真2枚
  • 親の同意書(18歳以上21歳未満の場合)
    又は
    親の助言書(21歳以上25歳未満の場合)
  • ※いずれも公証人役場→地方裁判所→フィリピン外務省で認証が必要

 

 

(日本人婚約者の必要書類)

  • パスポート
  • 戸籍謄本(本籍地以外の役所に届け出る場合。過去に離婚歴がある場合は、除籍謄本等が必要になる場合があります。)
  • 顔写真2枚

この婚姻記録証明書の取得には、日本人婚約者もフィリピン大使館に行かなければなりません。

なお、西日本を管轄するフィリピン総領事館(大阪)では、「婚姻要件具備証明書」を発行していますので、これを使うことができます。

※上記は最低限必要な資料ですので、それ以外に書類が必要なこともありますのでご注意ください。

 

2. 婚姻記録無異議証明書が取得できたら、次に日本の役所に婚姻届を提出します。
そして、婚姻届には下記の書類が必要です。
  • 婚姻届
  • フィリピン人の外国人登録証
  • フィリピン人婚約者のパスポート
  • 無異議証明書もしくは婚姻要件具備証明書(要日本語訳)
  • フィリピン人婚約者の出生証明書(要日本語訳)

3、結婚手続きが終わったら、在日本フィリピン大使館または総領事館に結婚報告を行ってください。

その際は、戸籍謄本原本と戸籍謄本のタガログ語訳または英訳が必要です。

 

4、 日本の役所に婚姻届を出したら、入国管理局に結婚ビザの申請を行います。
 日本人配偶者のビザの審査は、最近非常に厳しく、ここが山場となります。婚姻の真実性、安定性等を入管にこれでもかというぐらいしっかり説明しないと、なかなか許可は下りません。
 決して安易に考えず、結婚ビザの申請についてはビザ申請を専門とする行政書士と相談しつつ、すすめていくのがいいかと思います。

 

 

2.フィリピン国際結婚手続きの費用(※標準費用、税別)

 

1.フィリピン国際結婚手続きサポート:10万円

・フィリピン人との国際結婚が成立するまでのサポートを行います。

※上記には、フィリピン人との国際結婚手続きに関する相談、必要書類のコンサルティング、証明書の翻訳費用等が含まれます。当サポートご依頼の場合、国際結婚に関する相談は営業時間内であれば、何度でもしていただけます。

 

2.フィリピン人の短期滞在ビザ申請サービス:5万円

・フィリピン人が短期滞在ビザで来日するための短期滞在ビザ申請の書類作成、コンサルティング等、ビザ申請に関する徹底的なサポートを行います。

なお、当サポートご依頼の場合、短期滞在ビザ申請に関する相談は営業時間内であれば、何度でもしていただけますので安心です。

 

3.フィリピン人の在留資格認定証明書交付申請代行・在留資格変更サービス:15万円

・フィリピン人が来日するための日本人配偶者ビザ申請の書類作成、日本にフィリピン人配偶者がいる場合の在留資格変更申請書類作成、ビザ取得に関するコンサルティング等、ビザ申請に関する徹底的なサポートを行います。

なお、当サポートご依頼の場合、ビザ申請に関する相談は営業時間内であれば、何度でもしていただけますので安心です。

 

※当然ですが、偽装結婚の疑いがあるケースについては、一切のサポートをお断りしております。あくまで真剣に交際し、結婚をお考えの方のみサポート可能ですので、ご了承ください。

 

4、フィリピン領事館、大使館での宣誓供述書作成、認証手続きサポート:3万円

フィリピン領事館、大使館での宣誓供述書の作成のサポートや、書類の認証手続きを代行します。

 

フィリピン人との国際結婚についての相談