イメージ画像

フィリピン人との国際結婚手続き(フィリピンで先に結婚)

1.婚姻要件具備証明書」の取得

マニラの在フィリピン日本大使館又はセブ、ダバオの日本領事館にて、婚姻用件具備証明書を取得します。

【日本人の必要書類】

①発行日から3ヶ月以内の戸籍謄本

※発行から6ヶ月以内の除籍謄本または改製原戸籍(過去に婚姻歴がある場合)

②パスポート

③婚姻同意書(未成年者の場合)
【フィリピン人の必要書類】

①NSO発行の出生証明書

②NSO発行の出生記録不在通知書(※出生証明書が無い場合)

2.市役所にて「婚姻許可証」の申請

申請日から10日間の公示期間経過後に発行されます。有効期間は、発行日より120日以内ですので、この期間内に権限のある挙式者(判事、牧師等)の下で結婚式を挙げる必要があります。

3.セミナーの受講(不要な場合もあります)

セミナーは後述するCFOセミナーとは別のものになります。
【日本人の必要書類】婚姻要件具備証明書、パスポート、印鑑、顔写真

【フィリピン人の必要書類】出生証明書(NSO発行のもの)、顔写真

4.フィリピンでの挙式および婚姻証明書への署名

日本では、挙式をしてもしなくても良く、婚姻届を出せば法律的な婚姻が成立しますが、フィリピンの場合は、挙式することをもって法的な婚姻となります。

また、この時に結婚指輪の持参は必須です。また、挙式の際のスナップ写真の撮影を忘れないようにして下さい。スナップ写真は、後の入国管理局への申請の際に必要になります。

婚姻証明書への署名が完了すると、晴れて法的にも正式な夫婦となります。

5.NSO(国家統計局)より「婚姻証明書謄本」を取得する

挙式を終えると、婚姻の事実がNSOに登録されますので、婚姻証明書謄本の発行申請を行います。

取得の方法としては、フィリピンの配偶者の方がNSOの事務所に出向いて発行請求をするか、郵便による請求もしくはE-CENSUSというホームページ上からオンラインで請求することも可能です。

発行は、登録の完了後となりますが、都市部以外の地方で結婚された場合は、NSOへの登録まで数ヶ月を要する場合があります(通常は10日程度)。

5.CFO(海外居住フィリピン人委員会)のセミナー受講


フィリピン人配偶者(※日本人は出席不要)は必ずこのセミナーを受講しなければなりません。パスポートの発給申請に先駆けて受講しなければならず、日本の文化、習慣、生活に関してのレクチャーそして日本語の講習が行われます。

このセミナーへの受講が修了すると受講証明書が発行されますが、受講証明書がないと、新規パスポート申請が出来なかったり、たとえビザが発行されていても、空港で止められて、フィリピンから出国が出来なくなってしまうこともあります。

なので、このセミナー受講は必須です。

なお、セミナーの開催場所は現在のところ、マニラとセブの2箇所のみです。

6.日本の市区町村役場又は在フィリピン日本大使館にて婚姻届をする

婚姻届には、通常証人2人の署名が必要ですが、先にフィリピンでの婚姻を済ませていますので、署名は不要で、日本人が行う手続きです。

なお、この届出は、フィリピンでの婚姻後3ヶ月以内に行わなければなりませんので、ご注意下さい。
【必要書類】婚姻証明書、出生証明書(日本語の訳が必要です)、日本人の戸籍謄本(※本籍地以外の役場に届出る場合)

 

以上がフィリピンで先に国際結婚手続きをする場合の流れです。

なお、必要書類は、申請をする場所により異なりますし、法改正の影響を受けますので、必ず事前に申請先にご確認下さい。

 

フィリピン人との国際結婚手続きについての相談は今すぐ!

TEL:06-6375-2313

フロンティア総合国際法務事務所 まで!

タグ

このページの先頭へ