フィリピン人の子供の認知手続き

 

認知は、非嫡出子、つまりいわゆる両親が何らか事情により、婚姻関係が無いまま妊娠から出産まで至ったケースにおいて、父から非嫡出子を自分の子供であると認める手続きを指します。

そして、この認知には2つのケースがあり、それが胎児認知と通常の認知です。

子供の両親が日本人の場合と母親がフィリピン人、父が日本人の場合は、認知の手続き、必要書類は少し異なりますので、注意が必要です。

 

日本人男性がフィリピン人の子供を出生後認知する場合の手続

日本人父が認知を行う場合、まず第一に「父親の本国法(日本の法律)での審査」があり、次に「子供の本国法(フィリピンの法律)での保護条件」が審査されます。

この方法で認知する場合、一般的には次の書類をそろえ、日本人男性の本籍地又は現在の住所地の市区町村役場に出せば良いとされます。

フィリピン人の子供を認知する手続の必要書類

1.フィリピン人のパスポート(来日しているとき)
2.フィリピン人の出生証明書(Birth Certificate)原本と日本語訳
3.フィリピン人の保護条件を満たしていることの証明書

4.認知届(子が未成年なら日本人だけの署名でOK、子が成年なら日本人とフィリピン人の署名が必要です)

5、日本人男性の戸籍謄本、住民票、免許証等

※書類は役所やケースにより異なりますので、必ずしもこの書類のみで足りるというわけではないのでご注意ください。

 

 

日本人男性がフィリピン人の子供を胎児認知する場合の手続

 

上記の出生後認知届と、胎児認知(子供が出生前の認知)の場合は少し必要な書類が異なります。

 

フィリピン人の子供の胎児認知の必要書類

1.認知届申請書

2.母親の出生証明書(Birth certificate)

※NSO登録番号が記載され、原本と照合済みのスタンプがあることが必要
3.出生証明書の日本語翻訳文
4.母親の独身証明書(CENOMAR)

※NSO登録番号が記載され、原本と照合済みのスタンプがあることが必要

5.独身証明書の日本語翻訳文

6、日本人男性の戸籍謄本、住民票、免許証等
※認知届は母親の同意、承諾が必要で記載については、日本語文で本人直筆が原則で署名が必要。

※書類は役所やケースにより異なりますので、必ずしもこの書類のみで足りるというわけではないのでご注意ください。

 

フィリピン人の子の認知による日本国籍取得手続き

 実務上重要なのが、フィリピン人の子の認知による日本国籍取得手続きです。

従前は父母の婚姻+認知が要件でしたが、平成21年より、日本国民の父から認知されていれば、父母が結婚していなくても届出によって日本国籍が取得できるようになりました。

但し、届出といっても簡単な書類を提出するだけで足りるわけではなく、帰化申請をするのに近いぐらいの多くの書類を取得、提出する必要がありますので、かなり面倒です。

フィリピン人の子の認知による国籍取得の必要書類は以下の通りです。(※フィリピン大使館で届出をする場合の参考資料。但し、必要に応じて追加資料の提出を求める場合があります)

フィリピン人の子の認知による国籍取得の必要書類

・ 子が出生してから現在までの父親の戸籍謄本・改製原戸籍等 (2通)

・ 子の出生証明書及び日本語訳 (2通)

・ 子の居住証明書 (Barangay Certification) 及び日本語訳 (2通)

・ 母親の出生証明書及び日本語訳 (1通)

・ 母親の婚姻歴証明書 (CENOMAR)  及び日本語訳 (1通)

・ 母親が妊娠した時期の両親の渡航履歴を証明する書面(旅券、Travel Record)(一式)

・ 写真(5×5cm、2枚)

子が15歳未満の場合は子と親権者が一緒に写っている写真子が15歳以上の場合は子が一人で写っている写真が必要

・ 申述書 (及び外国語で書かれた場合には日本語訳)  (1通)

(※上記申述書に書く申述内容の概要)

(イ) 父母が知り合った経緯

(ロ) 子が出生するまでの交際状況

(ハ) 子の出生から認知に至る経緯

(ニ) 認知以後現在までの交際状況(父との同居、扶養の有無を含む)

(ホ) 婚姻歴等身分関係の状況

(ヘ) 申述日、署名

 

 当事務所では、上記のようなフィリピン人の子供の認知手続のサポート、認知による日本国籍取得の手続代行を行っております。

 フィリピン人の子供の認知に関する書類、トラブル等でお困りの方は、お気軽にご相談下さい。

 

フィリピン認知手続代行サポート費用(標準費用)

 

1.フィリピン人の子供の認知サポートコース:5万円~9万円(税別)

※フィリピン人の子供の認知手続に必要な書類の取り寄せ、翻訳、アドバイス等を当事務所で行います。

 但し、認知届けの提出については、本人で行う必要があり、当事務所で代行できませんので、ご了承ください。

 

2.フィリピン人の子供の認知による日本国籍取得サポート:10万円~20万円(税別)

 

料金は事案の難易度により変動いたしますので、上記料金より安くなる場合も、高くなる場合もあります。まずは詳しい状況をお聞きし、それから正式な見積もりを行います。

 

フィリピン人の子の認知に関するお問い合わせは・・・

TEL:06-6375-2313(※相談予約制)

フロンティア総合国際法務事務所 まで!