<フィリピン人との国際結婚の際の注意点>

 

1.フィリピン現地の国際結婚仲介業者、ビザ申請手続き業者(違法ブローカー)に注意!

まず、日本とは異なり、フィリピンでは国際結婚仲介業を行うことは違法です。なので、「いい子がいますので結婚相手を紹介しますよ」という業者がいれば、ほぼモグリであると考えていいと思ってください。

また、数年前から、フィリピン現地で結婚手続きを代行する業者が増加し、「結婚後のビザの取得100パーセント!!!」等と宣伝していますが、これはまずもって事実ではありません。弊事務所が仄聞する現地の情報によれば結婚はしたもののビザ(在留資格認定証明書)を取得できず、つまり結婚した相手が日本に入国できず、苦情が殺到しているようです。

なぜこのようなことが多く生じるかというと、現地では手数料を取るため、結婚していたり過去の経歴に問題があってもとにかく結婚手続きを終えることを優先するからです。結婚手続きを優先するために、偽造でも何でも結婚手続きをしてしまうので、後で書類に矛盾が生じ、日本の入管で在留資格認定証明書が不交付になったり、の日本領事館、大使館でビザの発行が行われない等のトラブルが多発するのです。のです。

この点日本人が運営する会社だからと言って安心はできません。本来、日本での入国管理局に提出する書類の作成、提出は国家資格を有する行政書士、弁護士のみが行えます。現地の結婚手続き業者が国家資格もないのに日本国の入国管理局に提出する文書(結婚相手を日本に招聘する在留資格認定証明書交付申請)まで作成して手数料を受け取っていること自体が違法です。

実際、マニラの日本大使館の付近では、結婚手続きを請け負って手数料を取るため、客引きのような行為をしている業者もあります。声をかけて来る人物が結婚手続きを代行する業者であれば、日本人であれフィリピン人であれご注意下さい。彼らは結婚手続きを代行し、考えられないほど多額の手数料を要求することもあります。

依頼する場合は、信頼のできる業者かよくお考えの上で行うようにしてください。