フィリピンの出生証明書翻訳・請求

フィリピンの出生証明書はフィリピン人の生年月日、父母の氏名、年齢等を確認できる重要書類です。

しかし、実際にフィリピン人の出生証明書を請求・翻訳すると、実務上はかなり問題があるケースが多いです。

以下に代表的事例をあげます。

 

1.出生証明書に名前がない

この場合、出生登録をした市役所へ出向き、Supplemental reports という手続きをする必要があります。この場合早くて2週間ぐらいで市役所からの発行の出生証明を入手できます。ただそれは婚姻要件具備証明書申請には使えますが、その先の手続きには使えない為、きちんと国家統計局(NSO)に登録をすませた後の出生証明書を使用します。速やかに手続きした場合ですが、合計1~2ヶ月でNSOの出生証明書を取得できます。

 

2.出生証明書の性別欄が書いていない

上と概ね同様です。

 

3.性別の男女の誤記

この場合はややこしいです。通常裁判所の許可が必要になります。

 

4.出生証明書が遅延登録になっている。

この場合一番多いケースだと思います。実務上は生まれて2-3年で登録をしている場合はさほど問題にはなりません。

この場合は、単にお金がなかった、親がいい加減で出生登録を怠った等の可能性が高いからです。

しかし、ここ近年に登録をしている出生証明書は要注意です。
このような場合、出生証明書が2重に登録されている場合や、実は以前にフィリピン人の結婚歴があり、それを隠蔽するため、誕生日や名前を微妙に変えて新しく近年登録をした可能性が充分あります。

その場合、ビザが出る可能性は限りなく0%に近いと言えますので、十分な調査が必要です。

また、出生登録が二重登録になっている場合、後で遅延出生登録した出生証明書は偽造の可能性が高いので、仮に出生登録の情報があったとしても、証明書の取得はできません。

 

5.名前のスペルや、誕生日が誤っている

これもフィリピン側で手続きする必要があります。日本の裁判所での裁判等では直接修正できません。

このように、実際フィリピン人の出生証明書を請求・翻訳すると、色々な問題があぶりだされてきます。日本人の方でフィリピン人と国際結婚する予定の方は、結婚前に是非1度この出生証明書を請求してみてください。これを怠る方が配偶者のビザ申請に失敗したり、国際結婚手続の途中で手続が困難になったりします。

 

6、フィリピンの出生証明書請求代行業者の多くは信頼できない

フィリピン大使館の付近で声をかけてくる業者や妻の親族に依頼すると、偽造書類を送ってくる可能性があるので、このような方に依頼してNSOの出生証明書の取得依頼をするのはやめてください。フィリピンの民間事業者は日本のそれとはまったく異なります。多額のお金を払っても書類が届かない、騙された、というケースは非常に多いとお考えください。

また、当事務所では、フィリピンでの出生証明書を請求・翻訳するだけでなく、出生証明書の訂正もサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

 

フィリピンNSO(PSA)への出生証明書の請求・翻訳費用

 

(フィリピン出生証明書請求、翻訳費用・税別)

1.フィリピン出生証明書請求のみ:2万円

⇒一般に、取得まで2~4週間かかります。

2.フィリピン出生証明書請求+フィリピン外務省認証(DFA認証レッドリボン認証):4万円

※標準的な取得までの期間は2~4週間です。それから、フィリピンから日本までの発送に1週間ほどかかりますのでご了承ください。なお、当事務所はご依頼後すぐに請求をかけておりますが、NSO(PSA)側の事情でこれより時間がかかる場合もございますのでご了承ください。

3.フィリピン出生証明書翻訳:8千円  (※遅延登録の場合は1万6千円

※その他フィリピンからの送料等実費(通常5千円)がかかります。

 

フィリピンの出生証明書の請求・翻訳は・・・・・・

TEL:06-6375-2313

フロンティア総合国際法務事務所 まで!

 

(※フィリピンの出生証明書の請求のお申し込みは下記から行えますので、必要事項を入力の上、送付してください。)

 

 

⇒フィリピン出生証明書請求のお申し込みフォーム

 

(申込上の注意点―申込み前に必ずお読み下さい

1.出生証明書請求の情報の間違い(スペルミス)や未登録の状態でご依頼された場合、二重登録がある場合等は出生証明書が発行できないことがあります。その場合でも、請求料金はかかってしまいますので、代行手数料の返金はできません。ご注意ください。

2.フォームの母親・婚姻女性の「姓」記入については結婚後の姓ではなく、必ず「旧姓(独身時の姓)」の記入をお願いいたします。

3.申請には「パスポートコピー(有効期限内のものの写真のページ+パスポートの署名ページ(※最終ページ)のコピー」が必ず必要です。不提出時は、手間がかなり増えますので、業務報酬は通常費用の2倍となります。また、取得にかかる時間も長くなりますので予めご了承願います。

4.フィリピンの独身証明書は単独での請求は行っておらず、すべて出生証明書から遡っての請求となります。フィリピンの独身証明書は初婚のフィリピン人が申請された場合は「独身証明書(CENOMAR)」で発行がなされ、既婚者が申請された場合は「結婚履歴証明書(ADVISORY ON MARRIAGE)」となって発行されます。
5.出生証明書を申請する際には必ず使用目的が必要となります。出生証明書の使用目的がないと、在日東京フィリピン大使館・大阪神戸フィリピン領事館で受付ができなくなりますのでご注意ください。

6.フィリピンの役所は突然休みになったり、追加資料を要求してくる場合があります。その場合、通常よりも発給まで時間がかかりますので、ご了承ください。

7.以前出生証明書を請求し、再度同じ出生証明書を請求する場合でも、同じくもう一度役所に行く必要があります。従いまして、再度同じ出生証明書を請求する場合でも再度同一の料金がかかりますので、ご了承ください。