イメージ画像

TOP

フィリピン国際結婚手続き・配偶者ビザ申請についての

相談会予約受付中!

日時:平日10:00~18:00、土曜10:00~17:00のうち予約した時間帯

場所:大阪市北区芝田1丁目4-17 梅田エステートビル2F会議室

(阪急梅田駅茶屋町口より徒歩2分,DDハウス隣のビル)

参加資格:フィリピン人との国際結婚手続きやフィリピン人の配偶者ビザ申請でお悩みの方。(但し時間の都合上、1日3名、一人30分以内

 

相談費用:30分5400円(但し初回30分以内、「配偶者ビザ申請予定」の方の相談で、かつ「来所」の方は無料です。フィリピン人との国際結婚手続き、離婚、再婚手続きについての相談は有料です。相談は全国対応ですが、電話での個別相談のみ(詳細なもの)をご希望の場合は通常のコンサルティング費用(30分¥5400)がかかりますのでご了承ください。その場合でも、業務をご依頼頂いた場合は相談料を業務報酬から差し引きますので、実質相談料は無料となります。また、フィリピンの証明書の請求・翻訳・認証の手続きに関するお問い合わせは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。)

相談方法:電話予約(TEL:06-6375-2313)の上、指定の時間帯に来所してください。

今まで弊社をご利用になったお客様の喜びの声はこちらですので、ご確認ください。

↑↑↑

来所の際は、上の地図をプリントアウトしてお持ちいただくと便利です。


フィリピンの国際結婚手続きはプロの行政書士にお任せください!

こんなことでお困りではありませんか?

1.NSOに出生証明書を請求したところ、何ヶ月もかかってしまい、国際結婚手続きが一向にすすまない

2.フィリピン人の日本人配偶者ビザを自分で申請したら不許可になった

3.フィリピン人と再婚するために必要な離婚裁判手続のためのフィリピンの弁護士が必要だが、知り合いにフィリピンの弁護士がいない

4.フィリピン人と再婚するための裁判費用がないので、裁判をしないで何とか再婚手続をしたい

 

フィリピン国際結婚手続き代行センターのWEBサイトをご覧頂き、ありがとうございます。

当サイトは、フィリピン人との国際結婚手続きや配偶者ビザ申請でお困りの方をサポートする為のサイトです。

実際、フィリピン人と国際結婚される方は、かなりたくさんの書類を作成し、提出したり、、出生証明書や結婚証明書、独身証明書を翻訳したりということが必要です。

しかし、

「出生登録が遅延登録であるため、配偶者ビザを申請したら不許可になった」

「国際結婚のため独身証明書を請求したら実は結婚していた」

「入国管理局の担当者に本当の結婚なのに偽装結婚であると疑われ、配偶者ビザの更新が不許可になった」

等、フィリピン人との方との結婚は一筋縄にはいかないことが多く、どうしたらいいかわからなくなってしまいがちです。

実際、自分でフィリピンの出生証明書等を請求、収集している方は、フィリピン大使館、領事館や本国のNSOとのやりとり、配偶者ビザ申請のための書類作成で、膨大な時間を費やしているケースが多く見られ、途中で諦めてしまっている方も相当数いるようです。

そこで、微力ながら、そのような方のお手伝いができたらと思い、当サイトを立ち上げました。

当事務所では、フィリピンの証明書取得手続き、フィリピン人の配偶者ビザ、定住者ビザ申請を多数行ってきたフィリピン人のビザ取得を専門とする行政書士が常駐しておりますので、フィリピンの方との国際結婚手続きや配偶者ビザ申請を迅速・確実に行うことが可能です。

また、当事務所はフィリピンにパートナー事務所がございますので、手続き関係が苦手な方が普通に自分で行なったら数ヶ月かかるフィリピンの出生証明書、結婚証明書、婚姻履歴証明書等の書類の請求、取得、認証をごく短時間で行うことができます。

フィリピン人との国際結婚手続きや奥様の配偶者ビザ申請についてお悩みの方は、一人で悩まず、まずはお気軽にご相談下さい。

                   フロンティア総合国際法務事務所 行政書士 田上 創

 

<お蔭様でTV出演!マスコミ取材依頼実績等>

    20081001222142.gif syupos.jpg

1、独立・起業の専門誌「アントレ」2006年9月号(リクルート社・全国の書店、コンビニで販売)に専門家として紹介される。

2、2006年11月6日当事務所応接室にてMBS(毎日放送)の取材を受ける。

3、2008年9月30日名古屋テレビ報道特集番組「UP!」に出演。専門家としてコメント。

4、週間ポスト(2008年11月21日号)49ページに掲載。専門家としてコメント。

5、2009年5月18日NHK国際部より電話取材。専門家としてコメント。

6、2012年11月28日「産経新聞北摂版」に掲載

その他、その道のスペシャリストを紹介する「国際グラフ」や「夕刊フジ」大阪版等の取材申込あり。

<連絡先>

■HPのタイトル:フィリピン国際結婚手続き代行センター

■事務所所在地:〒530-0012 大阪市北区芝田1丁目4-17 梅田エステートビル2F (阪急梅田駅茶屋町口より徒歩2分,DDハウス隣)

 

 

 

 

 

 

 

■営業時間:平日10:00~19:00(但し、土日祝日、営業時間外でも電話はつながります)

■事務所名:フロンティア総合国際法務事務所

■代表者氏名:田上 創

■所属:日本行政書士連合会:05262374号 大阪府行政書士会:5117号

■保有資格等:法務省大阪入国管理局長承認入管申請取次行政書士

■連絡先 TEL:06-6375-2313 FAX:020-4622-6151

■業務内容

1.フィリピン人との国際結婚手続きのサポート(全国対応)

2.フィリピンの出生証明書、結婚証明書、独身証明書等の翻訳・請求(全国対応)

3.フィリピンのDFS認証(外務省認証)の代行(全国対応)

4.在日フィリピン人の方のための遺言、フィリピンの相続手続代行

5.フィリピン人の就労ビザ、投資経営ビザ、配偶者ビザやオーバーステイの相談在留特別許可、上陸特別許可申請

6.フィリピン人の帰化申請代行サービス

 

English:immigration visa lawyer japan

6.国際結婚、国際離婚の際の大阪での公正証書作成

※偽装結婚、偽装認知、虚偽申請は違法行為であり、専門家として違法行為に加担することはできません。したがいまして、偽装結婚、偽装認知や在留資格取得を目的とした虚偽申請等のサポートは一切いたしませんので、ご了承ください。

■出張可能地域:大阪・京都・兵庫・和歌山・奈良・滋賀・堺・豊中・東大阪・神戸・西宮・尼崎・箕面・宝塚・伊丹・池田・高槻・吹田・茨木・泉大津等の大阪府、兵庫県、京都府の各市、大阪市北区・中央区・淀川区等。

 

(免責事項)

本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。フロンティア総合国際法務事務所は本ウェブサイトの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。
また、本ウェブサイトを装ったウェブサイトによって生じた損害にも責任を負いかねます。本ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更される場合があります。本ウェブサイトに掲載されている全てのコンテンツは、フロンティア総合国際法務事務所が所有しています。書面による許可なく、個人的な目的以外で複製、利用することは禁止されています。

(個人情報について)

本ウェブサイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報ご業務に必要な目的以外では利用いたしません。

医療法人設立 事業協同組合設立    一般社団法人設立 大阪     株式会社の解散手続き代行 NPO法人設立代行 大阪  マイナンバー 社内規程 民泊許可

2005年4月1日

このページの先頭へ